【SHOWROOM】劇団4ドル50セントメンバーの個人配信スタート!


劇団4ドル50セントメンバーのSHOWROOM個人配信スタートします。視聴者の皆さんは、コメントやギフティングでの参加で、より個人配信を楽しんでください!どんな配信なのかを見ていきましょう。

劇団4ドル50セントって、どんな劇団???


秋元康プロデュースの新劇団。2016年夏頃にエイベックス・グループ・ホールディングスの松浦勝人社長から新プロジェクト発足を依頼され、「自分が今までやってこなかったこと」として劇団プロジェクトを企画。応募数5000名から女性21人、男性10人の31人が選出。今までの劇団の枠にとらわれない、演劇を中心とした総合エンタテインメント集団で、劇団員からの派生メンバーによる音楽活動や、ドラマ・映画・モデル・バラエティなど多彩な個人活動を予定している新しいタイプの劇団のようです。

出典 https://ameblo.jp/4dollars-50cents/

ルーム一覧

國森桜さん

高校一年の時、雑誌の世界で輝くモデルに憧れ、この道を志望。
「勝負するなら東京で」と焼肉屋のバイトで自ら飛行機代を稼ぎ、
単身オーディションに挑み続ける日々を送る。
もちろん演技経験はゼロ、ダンスに至っては大の苦手。
全くの予想外だった劇団の中心メンバーとしての抜擢は、
頭が真っ白になるほどのプレッシャーだった。
だが今は「どこまで自分が化けるのか、楽しみで仕方ない。どんな役でも挑戦したい」
と語るまでに。一見内気な瞳の奥には、揺るぎない意志が垣間見える。

菅原麻由佳さん

清楚、真面目、温厚。周囲から、そんなレッテルを貼られてきた。
しかし、彼女の内側には”悔しさ”が煮えたぎっている。
人とうまく話せないとき。
向いていないと言われたとき。
自分より上の実力の目の当たりにしたとき。
その悔しさが、彼女を劇団という舞台へと押し上げた。
武器は、幼少時代に叩き込んだ民謡による”歌唱力”。
上手いだけじゃない。自分なら歌で世界観をつくれるはず。
周囲を見返す準備は淡々とできている。
いつか「菅原麻由佳の武道館ワンマンライブ」で。

仲 美海さん

ダンスも歌も出来ない中、演技のポテンシャルが評価され
オーディションを突破した劇団最年少メンバー。
中学のとき受けたオーディションで賞を取れなかった悔しさと、
人生の見え方を一変させてくれた映画や舞台の存在が、
本気で女優を目指すきっかけに。
自分に自信があるわけじゃない、だからこそ、いろんな役を演じたい。
一度決めたら徹底的にやらなきゃ気が済まない性格。
目指すは「日本一いいものをつくる」こと。

樹亜美さん

3歳にして初めて受けた芸能事務所のオーディション。
気づけば、舞台の魅力にすっかり浸っていた。
中でも、当時観たブロードウェイの舞台「RENT」の、
別次元の迫力、表現力、言葉の強さに衝撃を受けた。
「自分も、いつかこのステージに立つ」
しかし高校2年生のとき、何もかもがうまくいかず
殻に閉じこもったことも。
そんな自分を救ってくれたのは、やはり表現・芸術だった。
「私は、この表現の力で、世界中に影響を与えたい」
一点の曇りもない樹の目が、ブロードウェイという道を見据えている。

福島雪菜さん

一見すると、”かわいいだけ”。
”THE・イマドキ女子代表”にも見える彼女は、
掘れば掘るほど、意外な顔が登場する。
好きな音楽は中森明菜と尾崎豊。
趣味は歴史と御朱印集め。一人旅が一番好き。
実は”主役”にも一切興味なし。
周りと違ってもいい、
自分のやりたいように進むこと。
それが最優先事項だ。

前田悠雅さん

2016年、卓越した歌唱スキルを武器に、
東京ガールズオーディションでグランプリを獲得した。
「でも、その結果は”たまたま”もらえたもの」
彼女は結果に満足しない。もっと芯から人を魅了できる人間になりたい。
”雰囲気”だけで人を魅了してしまえるくらいの、自信と実力がほしい。
クールに見えて、誰よりも負けず嫌い。
他人が褒められている瞬間が、悔しくて仕方がない。
演技経験が0だった18歳は、既に女優の頭角を現し始めている。

八鍬乃々さん

独特の空気感を持つ道産子女子。
Twitter、インスタは全く興味なし。輪の中に入るのが極端に苦手で、
恥ずかしさから、同じクラスの男子の名を呼べずに一年過ごしたほど。
しかし、興味本意で応募したオーディションでランウェイを
歩いた興奮を忘れられず、モデル・女優を志望した。
だれかに勝つこと以上に、一歩ずつ、しっかりと技術を身につけたい。
夢は、いつか大好きなアニメキャラクターと共演すること。
絶対に避けたい事は”虫を食べる役”。

湯川玲菜さん

「本当にこんな自分でいいの?」
鹿児島の田舎町で平穏な暮らしをしていた一人の少女が
劇団に受かった時、不安しかなかった。
内気な自分を変えたい。でも、今の自分には何もない…。
そんなか細い声とは裏腹に、重みのある言葉でこう語る。
「やるからには負けたくない。今まで一番悔しかったのは
頑張ったダンスの大会で、準優勝だったこと。
あんなの、2度とごめんです」
地元の親友に一時の別れを告げ、少女は単身、東京に挑む。

糸原美波さん

芝居との出会いは、中学二年だった。
細身で病気がちの自分に親が薦めてくれたダンスの延長で、
芝居のレッスンを開始。はじめての演目は”ロミオとジュリエット”。
人前で演じる喜びをそこで知った。そしてハマった。
普段の自分は、何の特徴もない。
だが”芝居”への情熱なら世界中の誰にも負けない。
汚い役、気持ち悪い役、誰にもできない人間らしい役、
どんな役でもこなしてみせる。

岡田帆乃佳さん

人見知りで誰とも口をきけなかった幼い頃、
母がすすめたダンスを通じて、芸能という世界に興味をもった。
そして5年前、意を決し親子で愛媛から上京。
オーディションに落ち続けるなか、最後と思って臨んだこの劇団。
綺麗キャラじゃないことはわかっている。むしろ”老け顔”。
いまは、その味こそが自分の個性と思えるようになった。
きっかけをくれた母のためにも、この勝負負けるわけにはいかない。

安倍乙さん

芸能活動未経験だった彼女が落ちたオーディションは、数え切れない。
唯一最終までたどり着いた面接では、
予定していた留学を断念し、本気の覚悟で臨んだ。
だが結果は、見事NG。どん底に叩きのめされた。
しかし、母は見切りをつけなかった。
むしろ娘の可能性を信じ、二人三脚で演技の練習に付き合い続けた。
いま、ようやく掴んだ”劇団”という未来への切符。
その価値を、彼女は誰よりも知っている。

隅田杏花さん

「太ってる方が、ウケる」
目立ちたがりな少女にとって、この発見はその後の人生を変えた。
さらにもう一つの発見は”デブ”、”女優”と検索しても、
ヒットする人はいないという衝撃の事実。
ひょっとしたら自分がその枠を取れるのでは…?
奇妙な踊り、ゴムパッチン、デブネタ、なんでもやってきた。
オーディションのダンスアピールでは、おにぎりを食べ続けた。
すべては、皆を笑わせるため。なるか検索1位。

田代明さん

「この中で、落ちるはずがない」劇団のオーディションで、
たったひとり自分の通過を確信していた。
プロの歌い手としての実力はまだまだ足りないかもしれない。
だが自分には、熾烈な環境で専門的に声楽を学んだという経験と、
それを乗り越えた自負がある。
「舞台に立ってるとき、目からビーム出てる」
仲間からはそう評される。
だが彼女の目が見据える先には帝国劇場での”主役”がある。

立野沙紀さん

劇団、女子最年長メンバー。
殆どのメンバーが10代からダンスやモデル、芝居の活動をはじめた中で、
彼女がこの道を決意したのは2年前、21歳。
かなり出遅れたスタートかもしれないが、
彼女は小さい頃から憧れてきた夢「役者になる」ことに正直だった。
大人になった今だからこそ、自分の責任で道を決めた。
“焦り”は他の誰よりも大きい。だから誰よりも考える。誰よりも集中する。
最年長の意地を、実力で見せつける。

谷口愛祐美さん

店員に薦められた服は、とりあえず買ってしまう。
流されやすく、意見を言うのが大の苦手。
派手な容姿に対して、劣等感が極端に強い。
だが決して消極的なわけではない。
「大嫌いだったダンスも、気づけば大好きに。
恥ずかしくてしょうがなかった演技も、今は楽しくて仕方がない。
ちょっとずつでも、ノロくてもいいから前に進んで、いつか
必要不可欠な存在になりたい」
大記録は一歩ずつでもつくれる。

長谷川晴奈さん

劇団の中で最も背が小さい。
しかし歌を信じる気持ちは人一倍大きい。
とにかく歌が大好き。皆の心を歌で動かしたい。
「劇団には、自分よりも歌がうまいメンバーがいます。
でも、いつか絶対越えてみせます」
いつかは、宇多田ヒカルのような、
世界中の心を震わすシンガーソングライターを目指したい。
そう語る彼女に、驕りはない。

堀口紗奈さん

中学のときから、児童劇団に所属。目指したのは”喜劇役者”だった。
とにかく皆を笑わせたい。主役でなくていい、横からちょっかいを入れ続けたい。
それこそが自分の”枠”だと思っている。
舞台の分析はもちろんのこと、
加えて年間300本以上ものコント映像を分析し、自らネタを制作。
M1の予選に参加してしまうほどの行動派。
少しでも自分を磨きたい、と勉強に余念がない。
この劇団の入団が決まった直後、大学を退学するほど、決意は固い。

本西彩希帆さん

「私は常に状況を分析して、緻密に計画を立てるタイプなんです」
そんな慎重派が、ダンス・歌・演技経験、ゼロという状況で、
なぜこの道に挑んだのか?それは勝てる算段が立ったから。
「確かにど素人で、周りについていくのが精一杯。だからまずは脇役から入ります。
この1年で周りをおびやかす。そして3年後、主役を取ります」
確信を持った声でそう語る。
彼女の描く未来の肩書きは、女優だけではない。
演出家・脚本家・教育番組ディレクター…
マルチに大活躍する計画が、既に固まっている。

横山玲菜さん

彼女を纏う、穏やかで優しい空気を生んだのは、生まれ育った北海道の小さな町。
中学の生徒はたった15人だけ。
「ずっとやりたいことが見つからなかった私の背中を
先生が、押してくれたんです」
恩師への感謝は、今もその胸に深く刻まれている。
故郷を離れ、東京という舞台で、こんなに成長した自分の姿を、
いつか家族に、親戚に、そして恩師に見てもらいたい。
決して大げさではない、確かな原動力が、そこにはある。

吉原奈緒花さん

幼い頃は集団行動が大の苦手で引っ込み思案だった。
そのせいでいじめに遭い、小中学校は不登校。高校も中退。
何か変わるきっかけが欲しい。
そう臨んだモデルオーディションで、ファッション誌の
掲載を勝ち取ったことが人生の転機となった。
「これからは、好きなことを、思うがままにする。
狂気的なほど役に溺れてみたい。そんな自分の舞台を見て欲しい」
劇団という集団行動の中で、自ら前へ出て行く存在へと少女は成長を遂げた。

青木瞭さん

身長188cm、スポーツ万能。非の打ち所がない好青年。
ただひとつ。彼の人生に欠けていたもの、それが”目標”だ。
「夢中になれたことが一度もないまま大人になってしまった」
そう振り返る。友人のすすめで役者という”目標”を見つけた瞬間、
これまでにないモチベーションが彼を突き動かした。
演技という世界にのめり込みたい。
そして、自分という世界にのめり込ませたい。
「この大きな身体で、誰よりも目立つ表現をしてみせる」
そう豪語する。

うえきやサトシさん

学業とは離れ、ストリートで生きてきたうえきや。
DJであり焼肉屋元店長、バラエティ番組にも
出演する渋谷界隈の有名人で、今は、現役植木屋でもある。
しかし、胸に秘めた夢がある。それはお笑い芸人になること、
バラエティもこなす俳優になるということ。
27歳、劇団最年長は、「人生を懸ける」と宣言した。
今まで得た物は全てつかう。どんな汚い仕事でもこなす。
自分と劇団の成功のためだったら、なんでもする。

小川恭平さん

人前に出ることは好きじゃない。
しゃべることも苦手だ。
人生、無難に過ごすと決めていた青年は、
高校卒業後、小さな食品メーカーに勤務。
しかし、やがて気付いてしまう。本当になりたい自分は、こうじゃない。
自分を変えたい。もっと違う自分を見ていたい。
いつか有名になって、親に恩返しがしたい…。
内なる野心が、小川恭平の身からほとばしっている。

尾崎尉二さん

「何を考えているかわからない。そんな存在がいいんです」
憧れるのは、俳優の吉岡秀隆。
一見ふわふわしているように見えて、
一度見たらクセになる、そんな俳優を目指したい。
変幻自在で、多様な役をこなすために、
劇団では唯一”殺陣”を学んだ。いつかは時代劇にも挑戦したい。
年下の多い劇団では、チームを引っ張る兄貴分としての一面もある。
「せっかく出会った結成メンバー。
全員で、最高の旗揚げ公演を迎えてみせます」

奈波慎剛さん

サッカー歴13年。運動神経は抜群。
そして周りからは言われる。「クールだね」
しかし、それは違った。
自分の殻を打ち破れないだけ。自分を表現しきれない。
それは、彼のコンプレックスでもあった。
このままサッカーである程度の位置にいくか。
それとも、次の自分に進むか。どうするか。
憧れの東方神起が背中を押してくれた。
大好きな歌を、歌おう。そして、舞台に立とう。
分厚かった殻に、今、ヒビが入った。

中村碧十さん

プロフィール欄は、レッスン歴で溢れかえっていた。
なんと3歳から始まるダンス歴。
HIPHOP、BREAK、LOCK、HOUSE、JAZZ、BALLET…
多様なダンスを学び、全国大会では準優勝を記録するほど。
他にも、サッカー、水泳、ギターなど、劇団男子最年少、
16歳にして様々な経験値を蓄えてきた。
年上の先輩に揉まれながらも、「やる気しかでないんです」と、
ピュアな情熱を真っ直ぐに打ち出す。
夢は、名前にちなんで”ミント”ガムのCM出演すること。

久道成光さん

中学1年生のときに観た”プロジェクトA”が、脳天を直撃した。
こんなに面白い映画がこの世にあるのか?
監督・脚本・主演、さらには主題歌も一人で担うジャッキーという俳優に陶酔した。
自分もいつかこうなりたい。
そのために、アクションスクールに通った。英語も習得した。
年間300本の映画を鑑賞し、自ら映画製作を始めた。
15歳の時には、単身香港に訪れ、本人と直接話しに行くほどの情熱だ。
夢はジャッキー・チェン本人と共演すること。そして、彼を超えること。

安田啓佑さん

悩み?葛藤?一切なし!あるのは明るさ、ただそれだけ!
そこにいるだけで、パッと周囲を照らす存在になりたい。
今までは、ギターの弾き語りを通じて、いろんな人の笑顔をもらえた。
こんな笑顔が、もっともっとほしい。
目指すは”スター”。歌・演技・バラエティを全てこなし、
全国津々浦々、老若男女誰からも愛されるスターに。
いつか、”劇団”の概念をひっくり返してみせる。

山本将司さん

「このオーディションに落ちたら、警察官になっていた」
今も原宿のハンバーガー屋でバイトする彼は、そう語る。
高校生の頃から憧れていた役者になるべく、
オーディションに挑み続けるも惨敗。ようやく初めてのチャンスを掴んだ。
経験値は皆無だが、バイトで培ったタフネスがある。
たとえ殴られても、暴言を吐かれても、
どうってことないメンタルの強さ。逃げない強さ。
”芝居”という、いばらの道を走り抜ける覚悟を決めた。

蕪祐典さん

かつて児童養護施設で暮らしていた。
“部活”を 制限されていた事が、
後の自分に人並みならない行動力を与えた。
テニス、バンド、マラソン、イベント運営…試行錯誤を経て、
人生を揺さぶる”演劇”に出会い、進むべき道は明確になった。
「いつか、ミュージカル俳優になる」
武器は”声”。体育祭の団長、学級委員長、学年副委員長、
そして声優学校で鍛えた”声”で、人の耳を、心を鷲掴みたい。
この”声”を、日本中に轟かせる。

SHOWROOM配信ルール…年齢制限あり!


配信可能時間…5:00~24:00までです。ただし、配信時間には年齢制限がありますので、ご注意ください。

15歳未満→→20:00まで

16歳未満→→21:00まで

高校生以下→→22:00まで

メンバーが中学生、高校生の場合は、平日の8:00~17:00の間、配信は休止となります。

1回の配信時間…上限なしです。

ラジオ配信…禁止です。

リアルタイムでコミュニケーションが取れる状態での配信が、絶対条件です。

コメントやギフティングで番組に参加、そのためには!

フォロー

各配信ルームのハートマークを押すと、ルームをフォローすることができます。ルームのフォローを行うためには、SHOWROOMの会員登録(無料)が必要。

コメントして配信を盛り上げる!

番組中にコメントの投稿ができます。パフォーマーや他のユーザーが嫌がるようなネガティブコメントや、迷惑行為等によってライブの妨げにならないように注意しましょう。

ギフティングでファンランクを上げる!

アイテムをギフティングして 、ステージの盛り上げに参加しましょう。 まずは、デイリーボーナス(1日1回)でもらえる無料ギフトの「星」を、ステージに向かって投げ入れてみましょう。 ギフティングを続けると、自分自身のレベルや、ファンランキングがアップしますよ。

ルームのフォローやコメント、ギフティング、ユーザー投票を行うためには、SHOWROOMの会員登録(無料)が必要です。

無料ギフト「星」を集めるためには


以下の3つの方法で無料ギフト「星」をゲットしましょう。

① ログインボーナス→→黄色の星 x 10個/日獲得できます。

② 各番組を一定時間視聴する事で星5色 x 5個獲得(ただし1時間内に獲得できる無料ギフトは、5種類各100個の500個までと制限されます)

③ 画面右下のTwitterマークより配信中の番組を連携しているTwitterでツイートをする事で1配信 星5色 x 5個獲得できます。

推しメンバーをフォローしましょう!

フォローして応援する!

各配信ルームのハートマークを押すと、ルームをフォローすることができます。ルームのフォローを行うためには、SHOWROOMの会員登録(無料)が必要。

フォローすると、そのルームの配信が開始した際に、スマートフォンへお知らせのプッシュ通
知が届きます。配信を見逃さないように、事前にフォローする(ハートマークを押す)ことをお勧めします。

さいごに!

SHOWROOMで、「劇団4ドル50セント」を知りました。どんな人がメンバーなのか調べてみると、個性豊かで、素人さんが多いということにびっくりしました。プロフィールを読んでみると、並々ならぬ気合がメンバーのみなさんから感じられ、今後の活躍が期待されます!

SHOWROOMで有名になるのは無理と思ったら!


アイドルのライブ配信が多いSHOWROOM(ショールーム)で有名人になるのは、ちょっと!難しいかも!!
そんな時は最近スタートした、あのDMMが運営する『LIVEcommune(コミューン)』がオススメ!
詳しい事が書いてあるまとめサイトもあります!
⇒LIVECOMMUNEライブまとめ
今なら配信者は有名になるチャンス!この機会を逃したら絶対、損しますよ!?
*LIVEcommuneを今すぐダウンロード!

APPstore




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする